よくある質問

Q. 補修が必要かどうか、どうやって自分で判断しますか?
A. 外壁に軽いヒビが入っていたり、外壁のパネル同士のつなぎ目部分(目地)などが避けて割れていたり、
外壁の塗装が膨らんだり、、、というのが、簡単な一つの目安です。
また、ベランダも、ヒビ割れや、膨らみが、補修の目安です。
もちろん、雨漏りがする!!というのも、大変わかりやすい補修の目安ですね。
目視で、簡単にどなたでもわかりますので、普段から気をつけておくと良いでしょう。
早く見つけて、早く直してあげるほど、住居は10年単位で長持ちの寿命が延びます。
どんなものでも、同じことが言えますが、「吹きさらし」という大変厳しい環境にある住居にとっては、
少しでも早めに気づいて、早めに手当してあげることが、本当に大切です。」
faq_photo01
Q. 防水って何ですか?
A. 防水とは、スキーウエアや、傘、レインブーツ、レインコートなどに加工するもの、、、
そんな認識を持たれる方が、一般的でしょう。
ですが、住居にとっても、防水は当たり前!なんです。住宅を守る最も重要なカナメです。
絶対に、家には、防水が必要です。
まず、家の劣化にとって最大の敵が、日光、そしてそれに並ぶ大敵が雨水なのです。
まずは、屋根や壁、ベランダに打ちつける雨水を、防水で弾いてあげなければ、裸の家では、すぐに家は悪くなっていきます。
え?そんなことで?という、ちょっとした水の浸透から家が急速に傷んでいくのです。
うちの屋根や壁の防水は、まだ大丈夫かな?
少し心配して、気を配ってあげてみて下さい。
faq_photo02

Copyright© 大手工建株式会社 all rights reserved.